我的位置 > 首页 > 专辑 > 扉をあけよう
西村由紀江 - 扉をあけよう
全部播放

专辑名:扉をあけよう
歌手:西村由紀江
发行时间:2003-10-22

简介:很多艺术家和自己的作品是灵气相通的,艺术家在音乐创作中,往往将自身的气质与情感融入到作品里,这样出来的音乐就带有艺术家自身独有的艺术气质。 《打开心扉》是一张适合静心聆听的专辑,西村的弹奏沉静内敛,仿佛这样淡淡地触键,只是为了和自己的内心对话,不用去在意生活中的起落与沉浮,低头省视自己的内在,聆听寂静的真谛。这样,或许更容易打开心扉,让心在毫无干扰的情况下跳动舒张。 前作『明日のために』から1年。さらに一歩進んだこのアルバムからは、ここ数年、西村由紀江が追求してきた“こころの平安”への穏やかな、それでいて強固で優しい意志が静かにあふれる。心地よく親しみやすいメロディが、知らず知らずに堅くなったこころを解きほぐすようだ。 冒頭のピアノの響きから、無防備さを感じたのにはちょっと驚いてしまった。何気ない、身構えのない音。西村由紀江もこんな録音物をつくるようになったのか……。86年のデビューから17年、ずいぶんキャリアの長いプレイヤーになったけれど、一昔前の彼女は、時代の気分も反映してか、人工美と言うべき世界をつくっていたと思う。そして聴くがわもその作品たちに対して、何となく遠巻きにする関係を保とうとしていたように思う。けれど、今の彼女の音からは、たどりついた心地よい場所に居続けよう、という静かなつぶやきが聴こえてくるかのようだし、ぼくたちはその声なき声に小さくうなずいたりもする。時代は、あるいは世界は確かに変わった。あちこちに現れるどこかで聴いたようなメロディも、彼女にとっては“今”への愛情の現れというところだろう。そんな思いに応えるように、録音もインティメイトな響きを届けてくれている。……きっと、こんな聴きかたは、感傷的すぎるのだろうけれど。 (榊順一) --- 2003年11月号

更多 >>

很多艺术家和自己的作品是灵气相通的,艺术家在音乐创作中,往往将自身的气质与情感融入到作品里,这样出来的音乐就带有艺术家自身独有的艺术气质。 《打开心扉》是一张适合静心聆听的专辑,西村的弹奏沉静内敛,仿佛这样淡淡地触键,只是为了和自己的内心对话,不用去在意生活中的起落与沉浮,低头省视自己的内在,聆听寂静的真谛。这样,或许更容易打开心扉,让心在毫无干扰的情况下跳动舒张。 前作『明日のために』から1年。さらに一歩進んだこのアルバムからは、ここ数年、西村由紀江が追求してきた“こころの平安”への穏やかな、それでいて強固で優しい意志が静かにあふれる。心地よく親しみやすいメロディが、知らず知らずに堅くなったこころを解きほぐすようだ。 冒頭のピアノの響きから、無防備さを感じたのにはちょっと驚いてしまった。何気ない、身構えのない音。西村由紀江もこんな録音物をつくるようになったのか……。86年のデビューから17年、ずいぶんキャリアの長いプレイヤーになったけれど、一昔前の彼女は、時代の気分も反映してか、人工美と言うべき世界をつくっていたと思う。そして聴くがわもその作品たちに対して、何となく遠巻きにする関係を保とうとしていたように思う。けれど、今の彼女の音からは、たどりついた心地よい場所に居続けよう、という静かなつぶやきが聴こえてくるかのようだし、ぼくたちはその声なき声に小さくうなずいたりもする。時代は、あるいは世界は確かに変わった。あちこちに現れるどこかで聴いたようなメロディも、彼女にとっては“今”への愛情の現れというところだろう。そんな思いに応えるように、録音もインティメイトな響きを届けてくれている。……きっと、こんな聴きかたは、感傷的すぎるのだろうけれど。 (榊順一) --- 2003年11月号