我的位置 > 歌手 > UNCHAIN
UNCHAIN
UNCHAIN

UNCHAIN的艺人档案 小简介 BIOGRAPHYBIOGRAPHY 4人全員、京都府京丹後市出身。1996年、中学の同級生だった谷川、谷、吉田で結 成され、後に1年後輩の佐藤が加入。大阪に進出し本格的に活動を開始する。Jazz / Blues / Fusion / Soul / Funk / Rock / Popsなど幅広い音楽を吸収し独自のグルー ヴ・ロックへと昇華させる咀嚼能力、パフォーマンスにおける演奏力やヴォーカル谷 川のソウルフルかつクリアなハイ・トーン・ヴォイスなど、その高い音楽性が噂とな り関西の音楽関係者や耳の肥えたオーディエンスから徐々に支持を集め始める。  2005年6月8日に初単独作となる1st mini album『the space of the sense』をリリ ース。親しみやすく印象深いメロディー・ライン、ときにAORを想起させるテクニカ ルに練り上げられた完成度の高い楽曲群と艶やかに歌い上げるヴォーカルが最高のハ ーモニーを奏でる傑作に仕上がっている。発売週にインディーズCDの通販サイトとし て有名なINDIESMUSIC.COMの総合セールス・チャートおよび、ダイキのPUNK部門セー ルス・チャートで1位を獲得。TOWER心斎橋店でのインディース・チャート1位をは じめ大阪を中心とした外資系CDショップでも軒並みチャート・インを果たすなど、無 名の新人にも関わらず、素晴しい滑り出しをみせ、現在までに1万枚以上を売り上げ るロング・セラーとなっている。2006年7月5日には2nd ミニアルバム『THE MUSIC HUMANIZED IS HERE』を発表。1stのフュージョン的な爽やかさとは異なった、より強 くSOUL/FUNK色を強めた作品は幅広い年齢層において新たなファンを獲得した。  昨年1月にリリースされたメジャー第1作目となる『departure』では、全国の媒体 関係者から非常に高い評価を得て、SPACE SHOWER TVのミディアム・ローテーション や札幌North Waveのメガプレイを始め、各地のパワープレイを次々と獲得。オリコン ・デイリー・チャート初登場34位、ウィークリーでも55位と大健闘した。ライブでは オーディエンスはもちろん、対バンしたミュージシャンたちから、そのパフォーマン スと音楽性、それとは対称的な素朴な人間性を買われ、じわじわとだが、確実に巷の 話題となってきている。同年8月にはメジャー第2弾となるミニ・アルバム 『rejoice』を発表。より洗練されたオリジナルな音楽性が各方面で高い評価を得 た。  ライブの評判も高く、これまでにSABOTEN、locofrank、マキシマムザホルモン、 creamstock、DOPING PANDA、LOST IN TIME、LAST ALLIANCE、riddim saunter、 asphalt frustration、SOUTH BLOW、WRONG SCALE、ala、CUBISMO GRAFICO FIVE、 OGRE YOU ASSHOLE、APOGEE、SPECIAL OTHERS、サカナクション、ジン、9mm Parabellam Bullet、FRONTIER BACKYARDといったバンドと共演。昨年末には冬の最大 フェスROCK IN JAPAN 07/08に出演し、初出場ながらも満員となった会場をそのグル ーヴと歌声で魅了し、観客の間での話題となった。  ロック・バンドとしては非常に高い音楽IQを持ちながらも、キャッチーなポップ・ センスも同時に兼ね備え、若い世代はもちろん、年齢・性別、洋邦の垣根を越えてす べての音楽ファンの心を掴み得る可能性に満ちた存在である。 UNCHAINNEWS BIOGRAPHY DISCOGRAPHY SHOWS GALLERY DIARY MERCHANDISE LYRICS Q AND A NETWORK

更多介绍
相似歌手

UNCHAIN的艺人档案 小简介 BIOGRAPHYBIOGRAPHY 4人全員、京都府京丹後市出身。1996年、中学の同級生だった谷川、谷、吉田で結 成され、後に1年後輩の佐藤が加入。大阪に進出し本格的に活動を開始する。Jazz / Blues / Fusion / Soul / Funk / Rock / Popsなど幅広い音楽を吸収し独自のグルー ヴ・ロックへと昇華させる咀嚼能力、パフォーマンスにおける演奏力やヴォーカル谷 川のソウルフルかつクリアなハイ・トーン・ヴォイスなど、その高い音楽性が噂とな り関西の音楽関係者や耳の肥えたオーディエンスから徐々に支持を集め始める。  2005年6月8日に初単独作となる1st mini album『the space of the sense』をリリ ース。親しみやすく印象深いメロディー・ライン、ときにAORを想起させるテクニカ ルに練り上げられた完成度の高い楽曲群と艶やかに歌い上げるヴォーカルが最高のハ ーモニーを奏でる傑作に仕上がっている。発売週にインディーズCDの通販サイトとし て有名なINDIESMUSIC.COMの総合セールス・チャートおよび、ダイキのPUNK部門セー ルス・チャートで1位を獲得。TOWER心斎橋店でのインディース・チャート1位をは じめ大阪を中心とした外資系CDショップでも軒並みチャート・インを果たすなど、無 名の新人にも関わらず、素晴しい滑り出しをみせ、現在までに1万枚以上を売り上げ るロング・セラーとなっている。2006年7月5日には2nd ミニアルバム『THE MUSIC HUMANIZED IS HERE』を発表。1stのフュージョン的な爽やかさとは異なった、より強 くSOUL/FUNK色を強めた作品は幅広い年齢層において新たなファンを獲得した。  昨年1月にリリースされたメジャー第1作目となる『departure』では、全国の媒体 関係者から非常に高い評価を得て、SPACE SHOWER TVのミディアム・ローテーション や札幌North Waveのメガプレイを始め、各地のパワープレイを次々と獲得。オリコン ・デイリー・チャート初登場34位、ウィークリーでも55位と大健闘した。ライブでは オーディエンスはもちろん、対バンしたミュージシャンたちから、そのパフォーマン スと音楽性、それとは対称的な素朴な人間性を買われ、じわじわとだが、確実に巷の 話題となってきている。同年8月にはメジャー第2弾となるミニ・アルバム 『rejoice』を発表。より洗練されたオリジナルな音楽性が各方面で高い評価を得 た。  ライブの評判も高く、これまでにSABOTEN、locofrank、マキシマムザホルモン、 creamstock、DOPING PANDA、LOST IN TIME、LAST ALLIANCE、riddim saunter、 asphalt frustration、SOUTH BLOW、WRONG SCALE、ala、CUBISMO GRAFICO FIVE、 OGRE YOU ASSHOLE、APOGEE、SPECIAL OTHERS、サカナクション、ジン、9mm Parabellam Bullet、FRONTIER BACKYARDといったバンドと共演。昨年末には冬の最大 フェスROCK IN JAPAN 07/08に出演し、初出場ながらも満員となった会場をそのグル ーヴと歌声で魅了し、観客の間での話題となった。  ロック・バンドとしては非常に高い音楽IQを持ちながらも、キャッチーなポップ・ センスも同時に兼ね備え、若い世代はもちろん、年齢・性別、洋邦の垣根を越えてす べての音楽ファンの心を掴み得る可能性に満ちた存在である。 UNCHAINNEWS BIOGRAPHY DISCOGRAPHY SHOWS GALLERY DIARY MERCHANDISE LYRICS Q AND A NETWORK