我的位置 > 歌手 > 桂銀淑
桂銀淑
桂銀淑

 小档案 桂 銀淑(けい・うんすく、本名同じ、1961年7月28日 - )は、韓国ソウル市永東出身の演歌歌手である。ジャンルは演歌に分けられているが、曲調はド演歌ではなく、歌謡曲やバラードに分類される。独特なハスキー・ヴォイスで数々のヒット曲を飛ばし、多くの音楽賞を受賞。 身長160cm、体重47.5kg、血液型B型、天戸商業高校(韓国)卒業。 大事件 韓国でデビュー 1977年、高校生の時に韓国でモデルとしてデビュー。「ロッキーシャンプー」のCMキャラクターに抜擢されるなどして、2年間モデルとして活躍。1979年に韓国のソラボール・レコードより「歌って踊って」で歌手デビュー。アイドル歌手として人気を得、「待っている女心」などのヒットを飛ばす。   日本でヒット曲を連発 作曲家の浜圭介に見出され1984年に来日。浜の元でレッスンに励んだ後、1985年に「大阪暮色」で日本デビュー。以来「すずめの涙」「夢おんな」「酔いどれて」「真夜中のシャワー」「ベサメムーチョ」など次々とヒット曲を連発し、数々の音楽賞を受賞。1988年、「夢おんな」で第21回日本有線大賞グランプリを獲得。同年、『NHK紅白歌合戦』に初出場し(歌唱曲は「すずめの涙」)、以降1994年まで7年連続出場。また、日本レコード大賞の常連にもなり、1990年にはアルバム『真夜中のシャワー』で第32回日本レコード大賞アルバム大賞を受賞。デビュー前、当時の所属事務所(第一プロダクション)の社長に「演歌でいくなら、シングルよりもアルバムが売れる息の長いアーティストにして下さいと、お願いしました」と後に本人が語っているように[1]、演歌歌手としては珍しくアルバムが好セールスとなり、「演歌は(シングルが売れても)アルバムが売れない」というジンクスを打ち破った。1987年に発売された、浜圭介とのデュエット曲「北空港」は、数あるデュエット曲の中でも人気が高く、現在でも多くのカラオケファンに愛され、常にカラオケランキングでは上位に入っている。1992年には堀内孝雄とのデュエット曲「都会の天使たち」を発表し大ヒット、その年の紅白歌合戦では白組の堀内と紅組の桂が1つの曲をデュエットする、というそれまでにない異例の形での歌唱となった。またこの年、実業家の金榮秀(キム・ヨンス)と結婚(1998年に離婚)。   独立・レコード会社移籍 1996年、桂自身が納得のいくコンサート活動をするために、デビュー以来所属していた第一プロダクションを退社し独立[1](後にタイガーエンタープライズに移籍)。レコード会社も東芝EMIからトーラスレコードに移籍し、同年9月にシングル「愛ひとつ 夢ひとつ」を発売すると同時に、同レコード会社所属だったテレサ・テン(鄧麗君)に倣い、アーティスト名表記を“ケイ・ウンスク(桂銀淑)”に改めた(翌年7月発売の「『Yes』と答えて」で、従来の“桂銀淑”に戻す)。 10月にオリジナル・アルバム『愛ひとつ 夢ひとつ』を発売。ヴォーカリスト・桂銀淑の声を引き立たせたバラード・アルバムとして国吉良一プロデュースの元に制作された。同タイトルを掲げて同年11月に行われた東京厚生年金会館でのコンサートは1997年1月にNHK-BS2で放送され、CDとビデオ(VHS、LD)でも発売された。 1993年の「アモーレ 〜はげしく愛して〜」を最後に浜圭介作品を歌っていなかったが、1998年に発表の「人魚伝説」よりゴールデン・コンビが復活、再び浜作品を歌うようになる。浜は「私にしてみれば、もう二度と彼女の作品との交流は縁遠いことと、自分自身そう決めつけていたことなので、内心驚いている次第です」と、その喜びを桂銀淑ファンクラブ会報に掲載した。同年発売された「プリーズ…」が昼ドラマの主題歌に起用され好セールスを記録。オリコンのランキングが好位置をキープした他にも、有線やリクエストでも人気を集めた(有線リクエストベスト演歌2位、総合9位)。   借金トラブルによる裁判 2001年より突如、テレビ・ラジオから姿を消し、コンサート活動に専念する。発売された新曲「あなたのそばに」もメディアでのプロモーションは行われなかった。コンサートで桂は「テレビに疲れた。今迄たくさん戦ってきた。これからはこうしてライブで直接皆さんと触れ合っていきたい」と発言。しかし、新曲CDのリリースは途絶え、翌年からのコンサート本数も激減した。その背景には、所属プロダクション(タイガーエンタープライズ)との借金トラブルにより契約を解除され、返済(2億5,500万円)を求める裁判を起こされていた事情があった[1]。週刊誌等にはギャンブル癖が原因による借金と書かれていたが桂自身は後にそれを完全否定、借金の理由は、1996年に第一プロダクションから独立した後、納得のいくコンサート活動をする為の制作費がかさみ赤字が続いたことが原因であると釈明。裁判中は表立った活動が制限されていたため、テレビなどでの露出はゼロにも関わらず、コンサートやディナーショーを開催すると確実な動員を誇り、大ホールを満員にする程の人気の根強さを見せ付けた。元夫との離婚、借金による裁判、そして更年期障害やうつ病にも苦しんだが、ようやく2006年に和解が成立し、本格的に音楽活動を再開。東芝EMI時代のヒット曲を歌い直したアルバム『桂銀淑2006 NEW BEST』(未発表曲3曲を含む全14曲収録)を発表する。   復帰するも、逮捕・国外退去処分    ウィキニュースに関連記事があります。 歌手・桂銀淑(ケイ・ウンスク)容疑者が覚醒剤所持 2007年、テレビ番組を含めメディアに積極的に出演、全国ツアーも再開。東京では初めて明治座でコンサートを開催した。しかし、トラブルを解消し、新曲にコンサートにと、完全復活に向けて順調に思われていた矢先の同年11月26日、覚せい剤取締法違反(所持)で関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。桂は「自分が使うつもりだった、すみませんでした」と容疑を認め謝罪。12月21日、東京地裁の即決裁判で覚せい剤取締法違反(所持)で有罪となり懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)と言い渡された。 2008年5月12日、上記の罪により、日本当局からビザの延長ができないという通知を受け、韓国へ国外退去処分にさせられると報じられるが、東京の入国管理局が追加の審査を受け入れたことから国外退去処分が延期となり[5]、8月2日に帰国、ソウルの自宅にいることが確認されている。   韓国で歌手活動再開 2010年3月26日、韓国ソウル市キャピタルホテルにてディナーコンサートを開催し、歌手活動を再開した。 3月29日、テレビ朝日系『スーパーモーニング』のインタビューに韓国で応じ、逮捕以来初めてテレビカメラの前に立った。心境を語った後、「すずめの涙」を歌唱。「日本に帰りたい」と発言したものの、未だ再入国が出来ない状況にある。 계은숙  风格:Adult Contemporary  계은숙(桂銀淑, 1962년 7월 28일 ~ )은 대한민국 충청남도 서산시 출신의 트로트·엔카 가수이다.   1977년에 한국에서 CF 모델로 데뷔했으며, 1979년에 서라벌 레코드에서 가수로 데뷔했다. 1980년 MBC ‘10대 가수상’ 신인상을 수상했다. 1985년에 일본의 작곡가 하마 게이스케에게 사사하여 7월 20일에 〈오사카보쇼쿠〉(大阪暮色)로 일본에서 데뷔했다. 이후 여러 곡을 히트시켰고, 특유의 허스키한 보이스가 인기를 끌었다.   2007년 11월 26일 각성제 소지 혐의로 도쿄의 자택에서 일본 경찰에 의해 현행범으로 체포되었다.  

更多介绍

 小档案 桂 銀淑(けい・うんすく、本名同じ、1961年7月28日 - )は、韓国ソウル市永東出身の演歌歌手である。ジャンルは演歌に分けられているが、曲調はド演歌ではなく、歌謡曲やバラードに分類される。独特なハスキー・ヴォイスで数々のヒット曲を飛ばし、多くの音楽賞を受賞。 身長160cm、体重47.5kg、血液型B型、天戸商業高校(韓国)卒業。 大事件 韓国でデビュー 1977年、高校生の時に韓国でモデルとしてデビュー。「ロッキーシャンプー」のCMキャラクターに抜擢されるなどして、2年間モデルとして活躍。1979年に韓国のソラボール・レコードより「歌って踊って」で歌手デビュー。アイドル歌手として人気を得、「待っている女心」などのヒットを飛ばす。   日本でヒット曲を連発 作曲家の浜圭介に見出され1984年に来日。浜の元でレッスンに励んだ後、1985年に「大阪暮色」で日本デビュー。以来「すずめの涙」「夢おんな」「酔いどれて」「真夜中のシャワー」「ベサメムーチョ」など次々とヒット曲を連発し、数々の音楽賞を受賞。1988年、「夢おんな」で第21回日本有線大賞グランプリを獲得。同年、『NHK紅白歌合戦』に初出場し(歌唱曲は「すずめの涙」)、以降1994年まで7年連続出場。また、日本レコード大賞の常連にもなり、1990年にはアルバム『真夜中のシャワー』で第32回日本レコード大賞アルバム大賞を受賞。デビュー前、当時の所属事務所(第一プロダクション)の社長に「演歌でいくなら、シングルよりもアルバムが売れる息の長いアーティストにして下さいと、お願いしました」と後に本人が語っているように[1]、演歌歌手としては珍しくアルバムが好セールスとなり、「演歌は(シングルが売れても)アルバムが売れない」というジンクスを打ち破った。1987年に発売された、浜圭介とのデュエット曲「北空港」は、数あるデュエット曲の中でも人気が高く、現在でも多くのカラオケファンに愛され、常にカラオケランキングでは上位に入っている。1992年には堀内孝雄とのデュエット曲「都会の天使たち」を発表し大ヒット、その年の紅白歌合戦では白組の堀内と紅組の桂が1つの曲をデュエットする、というそれまでにない異例の形での歌唱となった。またこの年、実業家の金榮秀(キム・ヨンス)と結婚(1998年に離婚)。   独立・レコード会社移籍 1996年、桂自身が納得のいくコンサート活動をするために、デビュー以来所属していた第一プロダクションを退社し独立[1](後にタイガーエンタープライズに移籍)。レコード会社も東芝EMIからトーラスレコードに移籍し、同年9月にシングル「愛ひとつ 夢ひとつ」を発売すると同時に、同レコード会社所属だったテレサ・テン(鄧麗君)に倣い、アーティスト名表記を“ケイ・ウンスク(桂銀淑)”に改めた(翌年7月発売の「『Yes』と答えて」で、従来の“桂銀淑”に戻す)。 10月にオリジナル・アルバム『愛ひとつ 夢ひとつ』を発売。ヴォーカリスト・桂銀淑の声を引き立たせたバラード・アルバムとして国吉良一プロデュースの元に制作された。同タイトルを掲げて同年11月に行われた東京厚生年金会館でのコンサートは1997年1月にNHK-BS2で放送され、CDとビデオ(VHS、LD)でも発売された。 1993年の「アモーレ 〜はげしく愛して〜」を最後に浜圭介作品を歌っていなかったが、1998年に発表の「人魚伝説」よりゴールデン・コンビが復活、再び浜作品を歌うようになる。浜は「私にしてみれば、もう二度と彼女の作品との交流は縁遠いことと、自分自身そう決めつけていたことなので、内心驚いている次第です」と、その喜びを桂銀淑ファンクラブ会報に掲載した。同年発売された「プリーズ…」が昼ドラマの主題歌に起用され好セールスを記録。オリコンのランキングが好位置をキープした他にも、有線やリクエストでも人気を集めた(有線リクエストベスト演歌2位、総合9位)。   借金トラブルによる裁判 2001年より突如、テレビ・ラジオから姿を消し、コンサート活動に専念する。発売された新曲「あなたのそばに」もメディアでのプロモーションは行われなかった。コンサートで桂は「テレビに疲れた。今迄たくさん戦ってきた。これからはこうしてライブで直接皆さんと触れ合っていきたい」と発言。しかし、新曲CDのリリースは途絶え、翌年からのコンサート本数も激減した。その背景には、所属プロダクション(タイガーエンタープライズ)との借金トラブルにより契約を解除され、返済(2億5,500万円)を求める裁判を起こされていた事情があった[1]。週刊誌等にはギャンブル癖が原因による借金と書かれていたが桂自身は後にそれを完全否定、借金の理由は、1996年に第一プロダクションから独立した後、納得のいくコンサート活動をする為の制作費がかさみ赤字が続いたことが原因であると釈明。裁判中は表立った活動が制限されていたため、テレビなどでの露出はゼロにも関わらず、コンサートやディナーショーを開催すると確実な動員を誇り、大ホールを満員にする程の人気の根強さを見せ付けた。元夫との離婚、借金による裁判、そして更年期障害やうつ病にも苦しんだが、ようやく2006年に和解が成立し、本格的に音楽活動を再開。東芝EMI時代のヒット曲を歌い直したアルバム『桂銀淑2006 NEW BEST』(未発表曲3曲を含む全14曲収録)を発表する。   復帰するも、逮捕・国外退去処分    ウィキニュースに関連記事があります。 歌手・桂銀淑(ケイ・ウンスク)容疑者が覚醒剤所持 2007年、テレビ番組を含めメディアに積極的に出演、全国ツアーも再開。東京では初めて明治座でコンサートを開催した。しかし、トラブルを解消し、新曲にコンサートにと、完全復活に向けて順調に思われていた矢先の同年11月26日、覚せい剤取締法違反(所持)で関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。桂は「自分が使うつもりだった、すみませんでした」と容疑を認め謝罪。12月21日、東京地裁の即決裁判で覚せい剤取締法違反(所持)で有罪となり懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)と言い渡された。 2008年5月12日、上記の罪により、日本当局からビザの延長ができないという通知を受け、韓国へ国外退去処分にさせられると報じられるが、東京の入国管理局が追加の審査を受け入れたことから国外退去処分が延期となり[5]、8月2日に帰国、ソウルの自宅にいることが確認されている。   韓国で歌手活動再開 2010年3月26日、韓国ソウル市キャピタルホテルにてディナーコンサートを開催し、歌手活動を再開した。 3月29日、テレビ朝日系『スーパーモーニング』のインタビューに韓国で応じ、逮捕以来初めてテレビカメラの前に立った。心境を語った後、「すずめの涙」を歌唱。「日本に帰りたい」と発言したものの、未だ再入国が出来ない状況にある。 계은숙  风格:Adult Contemporary  계은숙(桂銀淑, 1962년 7월 28일 ~ )은 대한민국 충청남도 서산시 출신의 트로트·엔카 가수이다.   1977년에 한국에서 CF 모델로 데뷔했으며, 1979년에 서라벌 레코드에서 가수로 데뷔했다. 1980년 MBC ‘10대 가수상’ 신인상을 수상했다. 1985년에 일본의 작곡가 하마 게이스케에게 사사하여 7월 20일에 〈오사카보쇼쿠〉(大阪暮色)로 일본에서 데뷔했다. 이후 여러 곡을 히트시켰고, 특유의 허스키한 보이스가 인기를 끌었다.   2007년 11월 26일 각성제 소지 혐의로 도쿄의 자택에서 일본 경찰에 의해 현행범으로 체포되었다.